フリーダイヤル

お問い合わせ

電子黒板.jpは、電子黒板を安全に便利に使うための情報をお届けします。

電子黒板.jp

TOP>FAQ

よくあるご質問

  • ペンについて
  • 電子黒板について
  • プロジェクターについて
  • 「しゃべるクくん」について
  • スタンドについて
  • スライド式について
  • ソフトについて

pdf

PDFファイルをご覧頂くためには、アドビシステムズ株式会社のAdbe Readerが必要です。

flash

FLASHをご覧頂くためには、アドビシステムズ株式会社のAdbe Flash Playerが必要です。

よくあるご質問

ペンについて

ペンを2つ取るとどうなりますか?
後から取ったペンの色が優先されます。
ペンには電池が必要ですか?
必要ありません。
専用のペンでなければ操作出来ませんか?
ペン自体に特別な仕掛けはありません。指示棒や指でもすべての操作を行うことが可能です。
ペンを無くした場合はどうすればいいですか?
ペンの認識はペントレイにあるセンサーで行っていますので、ペンの形に似たものを置くことで代用する事が可能です。
※参考価格 4本セット4000円
ホワイトボード用マーカーで書いてもいいですか?
書いた直後であればかたく絞った布でふき取ることは出来ますが、インクがボードに染み込み黒く跡が残る場合がございますのでマーカーの使用はお控えください。

line

電子黒板について

他の電子黒板との違いを教えて下さい。
別紙比較表をご参照ください。【別紙比較表(PDF:66.3KB)】
ボードの大きさは?
64・77・87・94インチがご用意できます。(詳細はカタログに記載しております)【カタログ(PDF:1.08MB)】
接続方法は?
PC-PJ間をRGBケーブル(映像)とオーディオピン(音声)で繋ぎ、PC-ボード間をUSBケーブルで繋ぎます。
板面にマグネットは使用できますか?
出来ません。
お手入れはどのように行えばいいですか?
ボード板面をかたく絞った布でふいて下さい。
ボードの耐衝撃性は?
人やボールがぶつかっても問題ありませんが、刃物等の鋭利な物による傷は与えないように注意して下さい。

line

プロジェクターについて

音の出力はどこで行うのですか?
プロジェクターのスピーカー(10W)から出力します。
音量不足の場合は、24Wのステレオスピーカー(オプション)をご用意できます。
プロジェクターの電源に手が届かないのですが?
リモコンをお使い下さい。
消耗品はありますか?
各社プロジェクターのランプユニットについて
  EPSON HITACHI NEC
耐久時間
(ECOモード)
2,500時間
(3,500時間)
3,000時間 2,500時間
(3,000時間)
価格 42,000円 31,500円 45,000円
※時間は目安です。使用環境により異なります。
各機器の消費電力を教えて下さい。
各社プロジェクターの消費電力
  EPSON HITACHI NEC
消費電力 363W 310W 300W

line

「しゃべるくん」について

「しゃべるくん」というネーミングの由来を教えて下さい。
実践的な英語教育が始まり、教育者によりネイティブな発音が求められるようになった今日。英語の発音を苦手とする先生方の救世主となるべくして、「板面に表示された英単語をタッチすることでネイティブの発音が聴ける電子黒板をつくろう。」このコンセプトの元作られたのが電子黒板「しゃべるくん」であり、「しゃべるくん」という名前が付けられた由来でもある。

line

スタンドについて

一番下まで下げた時の高さはどのくらいになりますか?
どの機種も一般的な間口を超える高さの1800mm以下になる仕様です。
パソコンを置くことはできますか?
PCテーブル(オプション)に置くことが出来ます。
PCテーブルはどこに付くのですか?
スタンドの一部に取り付けられます。
高さを最高まで上げた場合の電子黒板の位置を教えて下さい。
最高の高さまで上げた状態で、ペントレイの位置が床から約85cmの高さになります。
上下昇降はどのように行うのですか?
背面のレバーを引き、7段階の高さに調整することが可能です。
総重量を教えて下さい。
77インチで139kg 87インチで148kgとなります。(PCテーブルを含む)

line

スライドについて

ボードの取付位置は決まっていますか?
ご希望により様々な高さに対応可能です。
生徒がぶら下がった時の安全性は?
最大で100kgまでは耐えられる仕様ですが、危険ですので絶対にぶら下がらないでください。
うちの黒板にも取り付けられますか?
平面・曲面・UDスライド・上下 黒板に取付可能です。
但し、レールが壁面に設置できないような環境では取り付けが出来ない場合もございます。
壁面からレールが外れる心配はないですか?
既に黒板が取り付けられている壁面であれば問題ございません。
パソコンを置くことはできますか?
PCテーブル(オプション)に置くことが出来ます。
配線はどうなりますか?
カーテンレール・カールコード・タンクレール等、教室環境に応じて最適な方法をお選びいただけます。
耐久性に心配はありませんか?
  • もちろんございません。
ボード・プロジェクターを含む最大100kgまで耐えることが実証されています。
電子黒板を使用する際の手間はありますか?
プロジェクターとボードは一体化しておりスライド時に同時に動くので投射位置の再調整の必要が無く、電源を入れるだけですぐに使うことが可能です。
既存の黒板の邪魔になりませんか?
レールを壁面に取り付けることで電子黒板を板書用黒板外に移動することが可能な為、既存の黒板の邪魔になるということはございません。

line

ソフトについて

対応OSを教えて下さい。
windows 2000, Me, XP, Vista, 7に対応しています。
Macでも使えますか?
使用できますが、日本語対応がまだできておりません。
推奨スペックを教えて下さい。
カタログをご参照ください。【カタログ(PDF:1.08MB)】
書けるのは専用のソフト上だけですか?
デスクトップ・ブラウザ・officeソフト等、どのアプリケーション上でもすぐに書き込みを行うことが出来ます。
ソフトは更新されますか?
年間2〜3回の更新があり、更新があった際はデスクトップ上に通知されます。
電子黒板機能を使用するためにソフトを必ず起動する必要がありますか?
操作や書き込みに必要なソフトがスタートアップに登録されているため、PCを起動するだけですぐに使用することが可能です。
授業で活用できるような素材集は入っていますか?
約6,700種の素材集があらかじめインストールされています。
Microsoft Officeで作ったファイルを使いたいのですが良い方法はありますか?
  1. 方法は2つあります。
  2. @Microsoft Office上で使用する場合
  3. Microsoft Office上で書いた線や図形を、画像のように挿入することができます。また、手書き文字を認識しテキストとして挿入することも出来ます。
  4. ANotebookにインポートして使用する場合
  5. 「印刷」からNotebook上に対象ファイルを画像データとして読み込むことが可能です。この方法は、Microsoft Officeを含む印刷が可能な全てのソフト・ファイルに共通します。 ※PowerPointファイルの場合、Notebookのインポート機能により、テキスト・画像をそのまま読み込むことが可能です。
背景に方眼用紙・五線譜を表示することはできますか?
素材集 → 背景の中に様々な背景を用意しています。
テレビを見ることは出来ますか?
地デジチューナー(オプション)を取り付けることで視聴可能です。

line

ページトップへ

line02

Copyright © DENSHIKOKUBAN.jp All Rights Reserved.